読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むわすたるふぉるゆー

アルコール依存症と自覚してからの思いをほぼ毎日綴ります。書くことでの内面整理が目的ですが、どこかの貴方のために(master, for you)役立つことが目標です

なぜ断酒できているのか

断酒ブログと初めてみて4週間が経過した。

 

他の断酒ブログを覗くと、毎日断酒していることを綴っている。

 

そんな毎日酒の話題しか考えないのだろうか?自分はどうか?

 

自分のこと

  • 現在まで飲みたいと思った日はない。
  • 禁煙と同じ「何かの喪失感」が沸く。
  • 飲み会に1回出たが、欲求は起こらない。むしろ、ソフトドリンク飲み放題で液体を流し続けた。喪失感も起こらなかった。
  • シアナマイド(効力1日)の処方は止まり、ノックビン(4mg)だけ。
  • 薬を飲み忘れて10時くらいに飲むことが多い。
  • 通院は年始1回、次回は1月末。
  • 断酒会には時間の関係で出席したことがない。

解放されない

もう乗り越えたんじゃない?

そう思う時があって、自己否定し続ける。

  • 俺はアルコール依存じゃなかった!
    →違う。一口入れれば一晩に10杯以上も飲酒を止められない確信がある。
  • もう治ったよ!
    →「酒」を警戒すること自体が治ってない。
  • 薬は飲まなくてもいいよ。
    →それが怖い。
  • 軽度だったから大丈夫。
    →重度の人と同じでやめることに違いはない。

最初は、二度と宴会で酒を飲む自分がなくなったことが怖いと感じた。

いまは、「酒を飲まないこと」を注意し続ける今後が怖いと感じる。

 

自分のやり方

 

どうやっても酒の存在を消すことも忘れることもできない。だから怖がるのをなくすこともできそうにない。実際、酒を怖がらない日はない。

 

自分も他の断酒ブロガー同様に酒のことばかり毎日考える。

 

でも、自分は怖がった果ての「断酒=勝利」とつなげられない。

 

断酒してることの内容はやレポートを毎日書けばそれこそ恐怖が募る。

 

だから、今まで飲んでいた時間をこんなことに使ったよと綴り、結果、今日は断酒を思い煩うこともなく、酒を怖がることもなかったよと共感を求めたい。

 

そんなわけで〆を変えよう。

 

 

酒を怖がらず煩わず27日目