なだは、射程距離内に入ったぜ

40代になると人生の射程距離が見える。でも、今日も伸ばしてみせる。出しな、お前のキラークイーン。

1930年代の少年向け人生訓がヤバい!

「君たちはどう生きるか」

 

1930年代の少年向け人生訓が中年にも染みる!

 

満州事変時代に紡がれた少年文庫の一遍。
あまりにも有名なそれを初めて読んだわけだが。


少年がやらかした「取り返しのつかないこと」が、この歳のおっさんも似たようなことやらかしてて痛いほど胸に刺さる! 

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

 

取り返しがつかないことが人生にはある
後悔しても取り消せない
なぜ起きた、のではなく、どうやって歩むか
でも後悔することは必ず意味のあることにつながる

 

こういうお説教って経験前のガキに注意書き読ませてもダメなんですよね。たぶん子供のころ読んでいてもあまり印象に残らない。大人のお小言なんか、胡散臭くて聞くわけがない。

 

やらかした大人が初めて読まされると、少年の事件ですら自分のあらゆる体験にデジャブ。

 

結果的に立ち直るキッカケをこの小説からもらいました。

 

さて、

 

この小説を実際の時代に読んだ子供たちは「どう生きたのか?」

 

執筆された当時、この世代は太平洋戦争に突入し、自分のせいではないにせよ、あらゆる人に取り返しのつかないことは起きた。

 

皆は立ち直って今の自分たちに続いていくんだけど。。。

 

 

時代背景を考えて瑞々しい1930年を垣間見るもよし(銀座が華やか~)

 

この時代の人間に自己投影して追体験するもよし(自分の中学生時代と大差ない)

 

こういう作品は限りなく大人が読むべき

 

少年向け文学おもしろいじゃないの

 

今日で断酒20日目

 

酒がなくても楽しいのか

f:id:marsaw:20170113005716j:plain
断酒から18日目

飲んでしまった!?
んなわけない。

馴染みだった店には行くなと言われていたのだが。。。
親しい友人に物を手渡す用があり、彼との思い出の店に陣取った。烏龍茶!の注文にマスターが一瞬固まり、その後、いつもはしかめ面のその顔が満面の笑顔にて「あいよ!」
なんだい。酔っ払い嫌いだったんだね。


飲まないでいると懐かしい匂いがする
連続飲酒してた頃は何も匂わなかったのに。
あーー。。。
結局、酒が好きだったんじゃないんだな


遠い昔の宴席を幻で求めてるだけだったのか
とにかく何も考えたくなかったのか
そんなことをぼんやり

繰り返す
無事に、今日で断酒18日目

アドラー心理学

さて、前回心理関係の本を読むと約束しました
どんな子供向けであろうとも今更のおっさんが読む!まず一冊目

 

天気が悪かったこともあり、この連休は本の虫となった

最初に読んだのがコレ「嫌われる勇気」
アマゾンに自分の症状を打ち込んで検索かけたら出た
そういやぁアドラーってNHKの特番でやってて録画したけど消したやつだっけ

 

 アマゾンレビュー1500件以上、AVG4.3という恐ろしい数字。。。 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

  怒りは、目的を達成するための手段にすぎません。
怒り、大声をあげることは、相手を屈服させ、自分のいうことをきかせるため、
その手段として、怒りという感情を捏造する
怒りとは出し入れ可能な「道具」なのです。

もうこれにはザックリやれらた
価格交渉の仕事をしてた頃、これやってました
本気でエキサイトしてるんだけど、心の2割くらいでタイミングを見計らう感じ
こうズバリ言われると自分の怒り方って、普段からこればっかだ。。。

 

 kindleでサクっと買ってその日のうちに読了

「自分の行動原理はこんなにシンプルに認識できたのか」と
自分を分解できた気分だった

あまりにも見透かされて清々しいほど
とてもいい本に出合えた

 

自分が印象に残る一説をメモしておきたい
あとで自分が読みやすいよう文章をつなげて書く

「怒りとはしょせん目的をかなえるための手段であり道具。怒りを使わずとも意思疎通はできるし、経験的にわかれば自然と怒りの感情も出なくなる」

 

「この関係を終わらせたいと決心をして、対人関係を回避するため、ただそれだけのために他人の欠点をでっちあげている。そして他者と敵と思うことで逃げている」

 

「あなたが正しいと思うのなら、そこで完結すべき話。あなたは権力争いを挑み、勝つことによって自らの力を証明したい、他社を屈服させたいと思っている」

 

あと、幸せの定義、みたいなことは考える余裕なんてない!
と信じてやまなかったけど

遅いということはない
哲学めいたものを読み漁りたい

 

今日で断酒15日目

アナキンにダークサイドの自覚はあったのか?

本日は2回目の通院


拍子抜けする短時間で診察が終わり薬の量も減った。


ノックビンシアナマイドの併用は肝臓にもよろしくないとのこと。


ノックビン(粉末)のみになったわけ。


 ブログ始めたときからわかってたけど、
私の問題はアルコールではない。酔ったなかで暴れるに至るのがメインだ。



私には、形勢が弱いところに追い討ちをかけられると「人格否定された」と被害妄想を拡大させる。自分で自分を鼓舞させて正論を捏造する。


この抑えがきかない。


今回はシャイニングのジャックニコルソンばりにやばかったらしいのだ。もう狂気じゃないですか。何も覚えてないから余計にたちが悪い。。。

シャイニング (字幕版)

病院から帰って、アル中の経過を伝えてよく話し合った。


アルコール止めても、あんた喧嘩の原因が意味不明だよと。何か、俺の内面がおかしいんじゃないのか?とは思っていなかった。でも本能むき出しの脳みそが暴れたことでようやく自覚した。自覚したことってのは

  • 指摘を自己否定にとらえがち
  • 他人の評価を過剰に気にする
  • できない自分を過剰に責める

大人になっても低い「自己肯定感」を飛躍的に高める7つの方法 | Dreamer

情けないことながら、「劣等感が強い」「自己肯定感が低い」のですねー。


サイトを検索すると、自己肯定感が低い人の診断チェックでパーフェクトばかり。


完全にダークサイドに堕ちている自分を認めた。


そういや、昔ある友人から「なんでそんな優越感アピールすんの?」と言われて無視してました。


 結論

性癖を変える。

嫁さんは「自己否定の被害妄想をとにかく自覚して克服してくれ」となった。


三行半、一歩手前かな

・根性論ムリ
・感情心理学の本を10冊読むこと
・感情起伏のセラピー通い


追加して

・読書をとてつもなく増やせ、と
 ※ 過去、娘の暴力がすさまじかったが本の虫になってから落ち着いたため。

 

なにはともあれ

 

今日で13日目

 

レバーはプルプルだってさ

本日から仕事始めっ
。。。って早々に切り上げていろいろこなしました

年末に診断した肝臓の数値と超音波診断

f:id:marsaw:20170105232419j:plain

15年以上閾値を超えたことのないガンマちゃんとGPTちゃんが
ぴょこんと超えている。中性脂肪も連動してるんだそうな

「まー、超えてるんだけどさ。レバーもプルプルでオッケーよ」
「アルコール依存だけどさ。早めに来てホント良かったよね」
「あんたの体なんかより、奥さんのことケアしなさいよ」

サドっ気のある女医さんでした(年下でね)


そーなんすよね。たぶん自分はまだ引き返せる
しかし女医さんの言う通り、家族の関係のほうが道険しい
正直、飲むの我慢とか、そういう欲求と戦うだけのほうがマシ


家に戻ると、夕飯作ってあった
鮭ですな。正月の胃疲れにはちょうど。
f:id:marsaw:20170105232246j:plain


反省ザルをして許され依存をしててもたぶん埒があかない
あくまで短期的な許しにしかならない

さしあたり、ぼけーーとしないよう今までの飲み時間を建設的な
活動で埋め尽くすようにしてみよう


今日で11日目

書き出し

2017年になって3日目

最後のブラックアウトをして、アルコールを抜き始めて1週間

こんなにホンワカした気分で正月を過ごすのは学生以来かと

 

このブログは環境を壊す一歩手前でチャンスをもらい

アルコールをはじめ、20年以来の生き方を変えていく過程を

つづります。

 

同じ轍を踏まないよう誰かの目に留まればと。

 

「今日で〇日目」だけは欠かせない

万が一スリップして飲んでしまったら正直に書くことを誓う

 

 

ではでは初コール

 

今日で9日目