読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むわすたるふぉるゆー

アルコール依存症と自覚してからの思いをほぼ毎日綴ります。書くことでの内面整理が目的ですが、どこかの貴方のために(master, for you)役立つことが目標です

Audibleは販促だから二軍の本が多いに違いない

読書

ビジネス本はたくさんあるよね。

 

タイトルを変えれば自分でも書けちゃうんじゃないか?ってハズレ本もある。

 

にわか読書家だから、立ち読み時点で「はいボツ~」と見限って損することはなかった。

 

今回の3冊の本。いずれも3か月無料Audibleから。

 

二度と読まないための備忘録。

 

たった15分の早起きが夢をかなえる頭のいい朝の習慣術

 

たった15分の早起きが夢をかなえる 頭のいい朝の習慣術

たった15分の早起きが夢をかなえる 頭のいい朝の習慣術

 

 

 早起きの効能と積み上げる価値

うん、素晴らしいよね。ビューティホーだよね。

浪人して全部落ちて仕方なく私大に入った。

就職うまくいかなくて、しかたなく外資系入った。

嫁さんはスッチーと決めていた。

なにくそと努力したから38歳で社長になれた

うん、清々しい朝の徒歩なのに聞いててすごい不機嫌になってきた。

スマホですすっと経歴調べたら慶応大経済って。。。

日課のサーフィンのために鎌倉に住まいを建てた。

電車に乗ったけどまだ続くのか。ガタンゴトン。 

朝の時間を有効活用している。1日〇時間、1年で〇、時給で〇。。。。。

掛け算のバリエーション多いな。

私は日々の15分に二枚原稿を書いて月に一冊書き上げている。

あああァァァァァァーーーーー!

やってらんねぇ! 

 寝起きの15分で毎日2枚書いた原稿積み上げだから薄っぺらいんだよ!

付け焼刃の自慢話。皮算用を挟んでたとえ話でつなぐ。

たぶん最初に目次書いて、内容をその場で考えて書いてる。

スキマ時間を台無しにした朝。

 

錯覚の法則

すべて錯覚で整理できます。

 

ハンドパワーです。

すべてプラズマで説明できます。

みたいな。。。

 

 

錯覚の法則~成功者は脳をあっさりその気にさせる~

錯覚の法則~成功者は脳をあっさりその気にさせる~

 

 

 

 自分の主観があるところが本当の世界であって、要するに気の持ちようです。

 

巷の類似本を「錯覚」って言葉で焼き直したんかったに違いない。ドヤっ、ってにじみ出てる。

 

でもね。

 

都合の悪いことは錯覚って云う。

意欲だとか、夢だとか、都合の良いことは錯覚って云わない。

すべて錯覚と云いつつ、人間は電気刺激で動く肉人形とは云わない。

 

Audibleじゃなかったら目次見て途中でリタイアしてた。。。 

 

 共感コミュケーション法

セミナーの実録本。
 
思想はアドラーっぽいと思ったけど、セミナーなので実用的。
 
なのに、本の趣旨がどんどんと「相手が感じる自分の言動」になっていく。。。
 
中身はためになるんです。
 
でもこれって、、、、
クレーム処理時代に研修でやってた超実戦的なマニュアル。あれは共感じゃねえ。迅速的確にこなすマナーだ。
 
・オウム返し
・スピード合わせ
NGワード「ホントですか」「敬語ミス」
 
方法としてOKとしても、これで相手と仲良くはなれない。
怒ってる人や関心のない人との共感コミュニケーション法
 
タイトルが違う。
 

Audibleは他の商品につながる販促なんだな

audibleは毎日屍が積み上がるばかり。
 
読者層が薄く、儲けが少なそうなAudibleにでは、ビジネス本の収支が合わなくて出版側の販促目的で陳列されてるんじゃないだろうか。
 
なんか「当たり前だろ!」って怒られそう。
 
 
Audibleは文学作品だけに絞ったほうが良い。
 
 
酒を怖がらず煩わず28日目